道に迷わないようにカーナビを取り付けよう

カーライフをもっと良いものに

道案内に便利なアイテム

カーナビ

選び方のポイント

車で移動する際に正確な位置を把握するのに役立つカーナビですが、多くの製品が販売されているため、使用する環境に応じた製品を選ぶことが大切です。カーナビを設置するタイプは大きく分けて3種類あり、そのうちの一つが本体と画面が一体になっているタイプです。このタイプのカーナビはダッシュボードにある程度のスペースが必要になりますが、すっきりと収まるため見た目が良いです。ダッシュボードの空間に余裕がない場合には、画面だけを収納してカーナビの本体は別の場所に設置するタイプがあります。ダッシュボードに収納してある画面を開いた時に、車のスイッチが隠れてしまう可能性があるため、このタイプのカーナビを購入する際には注意が必要です。どこにでも取り付けることができ、持ち運びも容易なのがポータブルのカーナビです。取り付けはダッシュボードなどに吸盤を利用するため、取り外しが簡単で軽量なのがメリットです。地図などを記録しておくメディアとしては、ハードディスクとフラッシュメモリが多く使われています。ハードディスクは大容量の地図データを保存できる特徴を持っており、フラッシュメモリは高速で地図を読み込める特長があります。最近ではほとんどのカーナビがタッチパネルで使うことができますが、リモコンだけの製品もあるため購入する時は操作方法を確認しましょう。画面と本体が一体型のカーナビは画面のサイズが大きく、ポータブルのカーナビは画面のサイズが小さい製品が多いです。